お墓(墓石)の建て方について

お墓

1.お墓を建てる時期は?

(1)四十九日忌あけ(門徒の場合は三十五日忌あけ)
(2)年忌
(3)春秋の彼岸
(4)盆
(5)祥月命日(故人が亡くなった月日と同じ)日
    ※一般的にはよいとされています。

2.墓地の選び方

(1)水はけがよく、明るく清浄な場所
(2)交通の便がよく、造成の完全なところ
(3)三平方米〜六平方米(一坪〜二坪)の用地。

3.墓石のかたち

【 和型 】  ・角柱型・神道型(頭部が角錐形になっているもの)
・位牌型(棹石の奥行きが薄いもの)・蓮華台型(棹石の下に蓮華台を入れたもの) ・笠付型(棹石の上に笠を置いたもの)・板碑型

【 洋型墓石 】  公園墓地に多く見られます。

【 五輪塔 】  空輪、風輪、火輪、水輪・地輪からなる日本特有の石塔です。

【 宝篋印塔 】  中国を経て日本に伝わった密教系の石塔です。

【 宝塔、多宝塔 】  お墓の原型ともいえる墓碑。
この他、無縫塔、キリスト教墓石、自然石型などがあります。

4.墓碑の付属品

【 外柵 】  墓域を保護するのに役立ちます。

【 納骨室 】  納骨室はもっとも大切な場所。
石碑の重みを支えるための基礎として構造的な役割もはたします。

【 付属品 】  水鉢、花立、香炉、塔婆立、灯篭、物置石、つくばい、植木

5.墓石に刻む文字は

【 前文字 】  ○○○家、○○○家の墓、先祖代々之墓ふつうはこのような前文字が多く、
“南無阿弥陀仏”のように名号・題目を彫る場合もあります。

【 後文字 】  墓石の横面または裏面には、建立年月日と施主名を彫ります。

【 戒名 ※法名 】  墓石の右横と左横に彫り、右面から彫っていきます。

【 字体と彫刻 】  楷書、行書、草書、隷書等、最近では明朝体やゴシック体のものもあります。

 墓石材料の選び方のポイント

石材に傷やムラが少ないものを選ぶことが大切です。
天然のものなので多少の傷やムラができるのはどうしても避けられません。

当社では安心の耐震施工でお墓作りをしております。

1級石材施工技能士が確かな技でお応えします!!

永田石材工場



トップページ お墓に関する業務内容 お墓の建て方 墓石の施工実績 石材加工物の紹介 会社のご案内 地図詳細 メールフォーム

永田石材工場

〒390-0852
長野県松本市大字島立2338-1

営業時間

8:00〜17:00

定休日

-

電話番号

0263-47-8315

ようこそ
石材創作夢殿
永田石材ブログ